9月9日の仮想通貨市況、個々別別、7日未明にビットコインがまた急落、価格操作との観測も

友だち追加

こんにちは、シュンです。

9月9日の仮想通貨市況、個々別別、7日未明にビットコインがまた急落、価格操作との観測も

9日午前11時5分時点の

主要な仮想通貨は、

ビットコイン(BTC)が

1BTC=111万5000円前後

(過去24時間比1.0%安)、

 

 

 

 

 

イーサリアム(ETH)が

1ETH=1万9300円前後

(同1.2%高)、

 

 

 

 

 

 

リップル(XRP)が

1XRP=28円前後

(同0.6%高)などと

なっています。

 

 

 

 

 

弱い状況が続いている

米8月雇用統計などもあって

リスクオフ(回避)の買いが優勢となり、

6日夜にはドルベースで

1万900ドルに迫りましたが、

上がりそうで上がらない状況が

悲観的な気持ちにもなって

7日未明に価格が急落しました。

 

 

 

 

 

明け方には

一時110万円を割り込む場面もみられました。

価格操作などが指摘されていますが、

下げの明確な理由は

分かっていません。

 

 

 

 

ビットコインは

売り物が一巡して大方なくなった後に

下がりそうな雰囲気がありながら

意外となかなか下がりませんでしたが、

週明けの時点で

1万400ドル台と戻りは鈍いです。

 

 

 

 

 

一方、

イーサリアムやリップルも

ほぼ同時刻に下落する動きを

速めましたが、

7日夜から8日にかけて

持ち直しました。