REGAIN(リゲイン)とは~ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻す~

友だち追加

こんにちは、シュンです。

 

2017年12月22日17時~よりICOが開始中の

 

REGAIN(リゲイン)について調べてみました。購入こちら

 

REGAIN(リゲイン)とは

 

「ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、

 

ビットコイン市場の安定」の実現を目的としたプロジェクトです。

 「ユーザー主導のビットコイン市場を取り戻し、 ビットコイン市場の安定させる」といわれても
よく意味が分からないと思いますので、分かりやすく解説します。
以前記事にしましたので、ビットコインについて詳しくはこちらを参照してください。

ビットコインは政府も銀行も介在しない非中央集権の概念を持っています。

 

そしてブロックチェーンという技術で、ビットコインの保有者がみなで情報を管理することにより、

 

ビットコインは不正などが一切できない平等になるはずのものだったのです。

 

しかし、現在、保有者同士がしていたはずの処理が中国のマイニング業者によって独占されるようになりました。

 

マイニングによって得られる利益は大半が独占されつつあり、

 

マイナーがビットコインに意見できるようになってしまっており平等ではないものになってきています。

 

平等でなくなるとビットコインはマイナーの思うようにされビットコインの信頼度は下がり、

 

世界中で使える共通の通貨として認められる日が遠くなってしまいます。

 

このままではいけない、ビットコインを以前のような平等な通貨に戻す!

 

これがRegain(リゲイン)の理念です。

 

Regain(リゲイン)を作ったのはビットコインマイニングマシンシェア1位のBitmain社の幹部です。

 

マイニングは誰にでもできるけど、マシンを買うにはそれなりのお金がかかりますし、

 

電気代もものすごくかかります。

 

日本でやっても基本的には赤字になってしまうでしょう。

 

そのマイニングマシン代をリゲイン側で持つ代わりに、そこでマイニングされた報酬の6割をトークンホルダーに還元、

 

残った4割のうち2割をマシンのメンテやより高性能なマイニングマシンの開発に充てるとのことです。

 

つまりRegain(リゲイン)の発行するREGトークンを購入していれば、

 

その資金を元にマイニングマシンを開発、管理、運営をして、上がった利益がトークン保有量に対して分配される、

 

この分配はスマートコントラクトによって確実に自動で実行されます。

 

1REGトークンあたりの配当は0.034 BTC/月〜が想定されます。

 

2017年12月18日時点では1BTC=約210万円ですので、1REGトークンあたり約7万円/月の配当が見込めます。

 

1REG=4000ドルですので、日本円で45万円です。

 

つまり約半年でトークン代金を回収できる計算になります。

 

配当が始まるのは4月からになる予定ですので、うまくいけば2018年内には元本回収できますね。

 

しかもこれはビットコインの値段が同じならの話です。

 

みなさんもご存知かと思いますがビットコインの価格は右肩上がりで上がっていっていますので、

 

元本回収までの時間も短くなる可能性は十分にあると思います。

 

基本データ

 

シンボル REG

発行上限 65000REG (ICO終了後未分配のトークンはBURNされます、つまり希少価値が高くなります。)

ICO価格 1REG=4000ドル

REGトークン Regain(リゲイン)が得るマイニング報酬の60%が得られる権利です。

スマートコントラクトによって確実に支払われます。

 

マイニング利益の内訳 60% REGトークンホルダーへ分配

6% ハードウェア開発費など

8% ソフトウェア開発費など

6% 最先端R&D費

20% 会社運営費など

 

ICO期間

2017/12/18 17:00~ 事前登録開始

2017/12/22 17:00~2/1 Regain(リゲイン)のICO第1段階(発行トークン5000REG)

2018/4/1~2018/5/15 Regain(リゲイン)のICO第2段階(発行トークン10000REG)

2018/7/1~2018/8/15 Regain(リゲイン)のICO第3段階(発行トークン15000REG)

2018/10/1~2018/11/15 Regain(リゲイン)のICO第4段階(発行トークン35000REG)

 購入こちら