仮想通貨とはその2

友だち追加

仮想通貨はなぜ必要なのか?

 

こんにちは、シュンです。

 

仮想通貨とは第二回目の記事になります。

 

送金の手段

 

 

暗号通貨が必要な理由ズバリそれは送金の手段です。

 

送金つまりお金を送る手段として暗号通貨はものすごい必要性を持っていると聞いたところで、

 

いやいやそんなことないでしょ、送金なんて普通のお金でもできるでしょと思いますよね?

 

現に自分は銀行で振り込みの手続きをして誰かにお金を送金したんだ、

 

という方もたくさんいらっしゃると思います。

 

ここでちょっと考えてみましょう。

 

あなたは銀行口座を一つは必ず持っていますよね?

 

銀行って色々ありまして大きな大きなメガバンクもあれば

 

地方銀行もある信用金庫、ゆうちょ銀行だってあります。

 

様々なタイプの銀行あるけれどインターネットバンクだったりますよね。

 

だけど一つだけ確実に言えることはあなたは間違いなく銀行口座を少なくとも一つは持ってる。

 

これが当たり前だって思わないでくださいね日本ってものすごい恵まれた国なんです。

 

これは日本の中だけにいるとわからないかもしれないですけど、

 

日本ってすごい恵まれた国で、この銀行っていう点に関して言ってもこの銀行網が

 

非常に発達しているからこそ我々は例えば名古屋で振り込みの手続きをするとそうすると

 

大阪にいる知人ないしは仕事関係の人、自分の子供でも構いません。

 

こういった人にお金を振り込むっていうその手続きをするとして名古屋で手続きをしたら少なくとも

 

昼の3時平日の昼の3時より前に手続きをすればもうその日のうちに届くんですよ。

 

また昼の3時を過ぎてから手続きしても翌日には届きます。

 

しかも手数料が数百円です。

 

これが我々日本人にとっては当たり前、常識ですよね。

 

でも残念ながらこれは世界の常識ではありません。

 

こんなふうに銀行が発達している国ってそうそうないです。

 

例えばフィリピンでは国民の30%ぐらいの人しか銀行口座を持ってないです。

 

銀行口座を持っていない人にどうやって振り込みしますか?

 

方法が思いつかないですよね?

 

つまりお金を送るっていうことに関して大きな問題があるわけです。

 

例えば国内送金だけで考えなくても海外送金ってこと考えてみてもやはりそうです。

 

例えばフィリピンから日本に出稼ぎに来ている人たくさんいますよね。

 

そういう人が日本で稼いだお金をフィリピンの家族に送金しようとするときに

 

残念ながらその家族の方で銀行口座を持っていない現状があればどうでしょう?

 

送れなくて困りますよね?

 

あるいは国内でお金を送るっていう事に関してこれを考えてみても、

 

例えば銀行口座を持っている状況で考えてみて、

 

例えばアメリカのニューヨークからロサンゼルスに銀行振り込みの手続きをする。

 

もちろんアメリカは先進国ですから日本人と同じよう銀行口座を 持ってる人は移民を除けば、

 

ほとんどの人が銀行口座を持ってるって言っても過言ではないかもしれない。

 

ニューヨークからロサンゼルスに銀行振り込みの手続きをすると日本の常識では先ほど確認したように、

 

当日遅くとも翌日には届きます。

 

メリカではどうだと思いますか?

 

ニューヨークからロサンゼルスに送金したとして3日から5日かかるんです。

 

手数料は日本の常識では数百円ですが、アメリカでは数千円かかります。

 

一回の振込が大体2000円から3000円ぐらいです。

 

めっちゃ高くないですか?

 

国内でアメリカのような先進国で銀行口座をお互いが持っているだから銀行間の手続きで振り込みをすると

 

それでも3日か5日かからないと届かない、

 

さらに言うと毎回手数料が3000円もしてしまう。

 

送金するだけで一苦労です。

 

先ほど言ったようにフィリピンのような国、フィリピンなんて課題新興国として発展している国です。

 

もう本当にひどいまだまだ全然未開の発展途上国っていう状態じゃないわけですよ。

 

もうかなり発展してきてもうすぐ先進国の仲間入りをしようかっていうそういう風な状況の国です。

 

そういう国でさえも銀行口座を持ってる人が国民の30%しかまだいなかったりする、

 

つまりそういう国は世界中にいくらでもあるわけです。

 

するとそういう国で送金するってのが非常に厄介ですね。

 

そうなった時に考えてみてください。

 

銀行を通さずに個人から個人に直接お金をを送くれればすごいありがたくないですか?

 

例えば先ほど触れましたがフィリピンでは国民の30%しか銀行口座を持っていない。

 

少しずつ増えてきているとはいえそれでもまだ40%の人も持ってないわけです。

 

だけど携帯電話、スマートフォン、このスマートフォンは保有率が人口比100%超えてるんです!

 

日本でも携帯電話の保有率は110%近くあります。

 

フィリピンでも同じだけあるんです。

 

日本と同じようにみんな携帯電話持ってるんですしかもスマートフォンをみんな持ってるんです。

 

考えてみてください、日本で出稼ぎしているフィリピン人が、

 

日本で働いてお金を本国の家族に送金するときに銀行口座を持ってない。

 

だから今まで銀行を使って送れなかった。

 

どうやって送っていたか?

 

それは送金代行サービスを使っていたんです。

 

送金代行サービス代表的なものは western union で

 

送金代行してくれるサービスそれをやっている会社で、送金するんです。

 

この方法を使うことで日本からフィリピン、アメリカやヨーロッパからフィリピンに送ることできていた理由です。

 

だけどやっぱり代行してくれるだけあって手数料を結構取られます。

 

どれぐらいかというと5万円を送ろうとすると5000円ぐらい取られます、約10%です。

 

本国の家族に5万円送金するにあたり5000円取られる手数料で高くないですか?

 

でもスマートフォンからスマートフォンに直接お金が遅れれば、

 

しかも手数料がゼロに等しい状態で送ればこれ最高ですよね。

 

だんだんわかってきましたか?

 

暗号通貨っていうのがなぜ必要なのか、政府を介在しない銀行介在しない個人から個人への取引が、

 

いつでもどこでも誰でもどの国にいてもできるお金。

 

日本では送金っていうこと国内送金っていうの考えた時に翌日までには届くんです。

 

しかも手数料が数百円、非常に便利ですね。

 

だけどこれが世界の常識ではないんです。

 

アメリカの ニューヨークからロサンゼルスにお金を銀行間で送る、

 

それだって3日から1日かかり手数料が数千円かかる。

 

手数料がかからない、そしてすぐに届くお金があったらいいですよね?

 

そして新興国で銀行口座持ってない人にとっては直接お金をくれればしかも手数料かからず送れる。

 

これってものすごいすごいことです。

 

日本人にとっても、例えば今こういうクローバルな時代になってきた。

 

このグローバル時代の中で国内と海外でやり取りをするっていう形はどんどん増えてきています。

 

例えばソフトのプログラミングを発注したいなっていうことで、

 

日本国内のプログラマーに頼んだらコストが非常に高い、

 

だから例えばインド在住のインド人のプログラマーに依頼をするということを行うとして、

 

じゃあ日本の愛知にいる私がインド在住のプログラマーと skype でやり取りをして、

 

条件を決めて納期を決めて発注するとなったところで、

 

これまでだったら私はどうしなきゃいけなかったかって言うと、

 

発注したらすぐに銀行に行って国際送金の手続きを行う。

 

そしてその手続きがめんどくさいですし、そして手数料は非常に高いです。

 

その上で一週間後ないしは10日後ぐらいに向こうに届く、

 

そしてインド人から着金確認しましたなので今からプログラムに着手しますと連絡がくる。

 

こういう流れだったんですが、これが直接すぐに送ればどうですか?

 

skype でやり取りをして、インド在住のプログラマーが受注してくれたら、

 

その場でお金今から送りますね、ということで私がスマートフォンで送ります。

 

そうすると瞬時に向こうが受け取る。

 

そうなった場合は今からこのプログラムに着手しますっていう話になるわけです。

 

この流れの早い時代において、発注してから一週間後じゃなければスタートしてもらえないのと、

 

この一週間のロスなくすぐに作業してもらえる、この差ってものすごく大きくないですか?

 

しかも一つの作業が一時が万事そうなっていくというふうに考えると、

 

これは大きな大きな差になります。

 

だんだん分かってきましたでしょうか?

 

暗号通貨がなぜ必要なのか、そして世界で普及していくのか。

 

まさにこの送金という部分で日本人にとっては、

 

銀行網が発達している異常に発達しているとまれな国なんです。

 

だから国内送金にそんな不便さを感じたことがない。

 

しかも手数料だって数百円で済んでいる、

 

しかも国際送金になってそうそうするっていう風なことがなかなかないっていう人が多いわけです。

 

つまり送金の手段として必要なお金それが生み出される理由って

 

あんまりピンとこないんだと思います。

 

だから日本人は何で暗号通貨なんて必要なのって?

 

そんなの入らないでしょって思う方が非常に多いんです。

 

だけど実はこれは世界の常識ではない、

 

世界先進国であろうと開発途上国であろうと送金が瞬時にできて、

 

そして手数料がかからない そういうものを待ち望んでいたわけです。

 

だからこそ世界では広がっているんです。

 

まとめ

 

暗号通貨は、いつ、どこで、誰でもが安い手数料と高速な送金を可能にし革新的な送金の手段として

 

世界に広まっている。