仮想通貨とはその3

友だち追加

日本でなかなか暗号通貨が普及しない3つの理由

 

こんにちは、シュンです。

 

仮想通貨とは第三回目の記事になります。

必要性を感じない

 

日本人が暗号通貨なかなか受け入れられない普及しない入れてその理由のひとつが、

 

その必要性が感じられないっていう部分があるんです。

 

銀行網が発達して送金に苦労がないから暗号通貨の必要性を感じられないっていう状況になっています。

 

前回の記事で触れたように国際送金するっていう機会が、

 

なかなかないからその海外に送金するっていうその苦労を味わったことがない。

 

だからその辺の必要性が感じられないっていうのが、

 

日本人が暗号通貨を受け入れられない大きな理由の一つになっています。

 

日本人の精神性

 

そして2つ目、これは日本人の精神性です。

 

日本人っていうのはよくわからないものは怪しいって考える精神性を持っています。

 

何か新しいものが出てきてくるとよくわからない、

 

怪しいと考えるこれが日本人の精神で大きな特徴です。

 

だから新しい技術である暗号通貨、これよくわからないから怪しいってすぐに考えるというわけです。

 

でもこれ間違いですよね。

 

よくわからないということは怪しいじゃなくって、

 

よくわからないからしっかり理解しましょうよということです。

 

理解した上でそれが必要なのか必要じゃないのか、そのあたりを判断していく。

 

これが正しいですよね、短絡的によくわからないから怪しいではだめなんです。

 

有識者のみなさんでもこのような状態です。

マウントゴックス社の破綻

 

そして3つ目マウントゴックス社の破綻です。

 

日本で暗号通貨が普及しようという風な兆しが見え始めた頃にマウントゴックス社が破綻しました。

 

このマウントゴックス社大きな大きな取引所の一つで。

 

そして日本で最初にできた大きな取引所だと言っても過言ではありません。

 

そこが破綻したんです、これによってやっぱり暗号通貨って怪しいんだ。

 

マウントゴックスが取り扱ってるあのビットコインって、

 

あれはやっぱり詐欺だったんだっていう風な風潮になったのは事実です。

 

そしてマスコミがそういう風潮をさらに広げていった、

 

これによって暗号通貨=詐欺っていう風に日本人が思ってしまったんです。

 

確かにマウントゴックス破綻しました、でもこの意味が分かっていない人が大半です。

 

一体どういう意味を持ってるのか、これに関して考えてみましょう。

 

マウントゴックス社破綻の本当の意味

 

法定通貨で考えてみると、つまり普通の日本円とかドルとかユーロとかを扱っている取引所、

 

これが破綻した体で考えてみます。

 

羽田空港とかセントレアとか関西国際空港のような国際線が就航している空港に行けば、

 

その空港には日本円とドルをあるいはユーロと日本円をみたいな形で、

 

両替できるような取引所がいっぱい並んでますよね。

 

海外旅行に行った時もそうじゃありませんか?

 

海外旅行に行ったら現地の空港で皆さんは自分の日本円をその現地のお金に両替しますよね?

 

それぞれの取引所っていうのが経営母体が違うっていうのもご存知かと思います。

 

例えば取引所Aはどこかの銀行がやっている、別の取引所Bはまた別の銀行がやっている、

 

さらに他の取引所Cはどこかの企業がやっている、その取引上の一つが経営者がヘマをしたり、

 

ないしは経営者が犯罪に手を染めたなど何でもいいですが、

 

経営者の問題によって破綻した時に取引所で扱われていた日本円とかドルとかユーロは詐欺ですか?

 

別に日本円とかドルとかユーロが悪いわけじゃないですよね?

 

その破綻した取引所が問題だっただけで、他の取引所は普通に営業してると思います。

 

そして他の問題なく営業している取引所では日本円もドルもユーロも取引されいるはずです。

 

全く違う別の分野で例を出してみます。

 

ブルーレイディスクを作るようなメーカーって色々ありますよね?

 

東芝とかシャープとか日立とか色々ありますが、

 

じゃあその中のどこか、じゃあもしシャープが何かが起こって潰れたとします。

 

シャープがブルーレイディスクを取り扱っているからといって、

 

ブルーレイディスクそのものは怪しくないですよね?

 

シャープの経営陣に問題があったってだけの話で、

 

別にそれでシャープがもし潰れたとしても東芝と日立とかソニーの、

 

ブルーレイディスクは普通に販売されますよね?

 

なんとなく理解できましたでしょうか?

 

マウントゴックス社の破綻っていうのは数ある暗号通貨の取引所の一つ。

 

確かに日本に最初に入ってきた大きな暗号通貨の取引所ではあるけれど、

 

数ある取引所の中の一つが経営陣がヘマこいてしかももっと言うと社長は後に逮捕されました。

 

経営者が犯罪に手を染め、そして破綻した。

 

これって単にその会社の経営者に問題があるって言うだけで、

 

その会社で扱われていたビットコイン、リップル、イーサリアムは全然怪しくないんです。

 

別に他の取引所ではそこが破綻したからといって通常通り取引してます。

 

マウントゴックス社の破綻が意味するものこれは何かというと、

 

たんに一つの取引所が潰れたに過ぎないんです。

 

にもかかわらず日本人は皆その取引所で扱われていた暗号通貨は、

 

怪しいっていう風に短絡的に結びつけてしまっている。

 

まとめ

 

日本で暗号通貨が普及しない理由

 

1、必要性を感じない。

 

2、日本人の精神性。

 

3、マウントゴックス社の破綻。