BTC暴落時期の傾向と今後の主要通貨の値上がり予想

友だち追加

こんにちはシュンです。

年明け大暴落のジンクス

 

年明けの暴落が毎年1月に起こるということで忘れないように記事にしておきます。

 

私が初めてBTCを購入したのが2016年の12月でした。

 

そこから年始にみるみる価格が上昇して最高値15万円を記録してみんなが浮かれていた時に、

 

中国の問題で暴落が起こりました。

 

 

そして仮想通貨デビュー2回目の正月明けにまたも暴落。

 

またも中国が原因とのこと。

 

来年はここでUSDTなりフィアット(現金)を準備して望みたいと思います。

 

 

あとは暴落の前にテレビでビットコイン特集がされていたのも一つの指標にはなるかもしれません。

 

 

 

これは私の勝手な憶測ですが、新聞テレビ等がポジティブなことを報じ始めたときは暴落がくることが、

 

相場の世界ではよくありますので一つの暴落サインとして気にしています。

 

といいながら思いっきり暴落巻き込まれてますけどねw

 

ただこれだけ毎回暴落しては力強く戻すことを経験していると、ビットコインが終わったとは思わなくなって、

 

反発で買っていけるようになったのは少しは成長しているのかなと思います。

 

 

 

今回の暴落でもしっかりと平均線で反発していましたので、まだまだテクニカルは有効みたいです。

 

2017年9月以来の買いチャンスでしたね。

 

今年の主要アルトターゲット価格

 

草コインでハイリターンを狙うシリーズでは見事!?

 

紹介した通貨が軒並み値上がりしましたので、次は時価総額の大きい通貨での運用に入ってきたいと思います。

 

こちらは10倍とかは簡単にはいかないかもしれませんが、まだまだ数倍ならいけると思っています。

 

イーサリアム春頃までに30万円、今から入れば約3倍程度の上昇が見込める。

 

リスクは年内1万円、こちらは約4倍程度の上昇が見込める。

 

ネム600円、こちらは3月~4月ぐらいで達成するかも。今から仕込めば約6倍。

 

こう考えていくと主要アルトでも十分に含み益の桁を一つ上げることができるのではないでしょうか。