Coincheck(コインチェック)のNEM(ネム)がハッキング被害GOXはあるのか?

友だち追加

こんにちは、シュンです。

本日Coincheck(コインチェック)がNEM(ネム)のハッキングされたとの情報が入りました。

 

2018年1月26日の13時30分ごろにコインチェックからNEM(ネム)の入金についてのお知らせメールがとどきました。

 

この時点ではハッキングの情報はありません。

 

入金に続き売買も停止になりました。

 

 

コインチェックはまだNEM(ネム)売買停止などの理由は発表なし。

 

この異変に界隈のみなさんが異変に気付き始めます。

 

そしてCoincheck(コインチェック)からNEM(ネム)以外の通貨の避難を開始。

 

その後他の通貨の出金も停止に。

 

そしてアルトコインの売買停止に

Coincheck(コインチェック)からの公式発表がされる前にネム財団がハッキングされたことを発表

問題は取引所の管理方法でありNEM自体の問題ではありませんので、

 

このハッキングの救済措置でのハードフォーク等はない模様です。

 

顧客の資産は無事とのことですので一安心ですね。

 

23時30分よりCoincheck(コインチェック)が記者会見を開くとのことです。

 

最新情報が入れば随時更新していきます。

 

NEMの管理にマルチシグアドレスを使用していなかったということです。

 

マルチシグというのは通常単独の鍵に対し複数の鍵があるので盗難されにくいものです。

 

こんな時のために取引所の資金等も分散しておくとリスクヘッジになりますね。

 

ネムの情報はテレグラムのほうが情報は早いです。https://t.me/nemjapan

 

1/27追記

記者会見が行われました。

 

記者会見速報概要

 

流出したネムの補償は検討中。

 

580億円の財務的な影響については、まだ状況確認が出来ていない。

 

出来る限りお客様保護に尽力したい。

 

ネム以外のコインについてのハッキングは起きていない。

 

今回ハッキングされたお客様の資産についてはホットウォレットに保管していた。

 

コールドウォレットは進めていたが技術的に間に合ってなかった。

 

ハードフォークして今回のハッキングをなかったことにできるかどうかは、ネム財団に権限があり、今の所のネム財団の回答は「ハードフォークはできかねる」

 

入出金や売買の一時停止については、今の所お客様の安全が確保されるまではできない。(現在は未定。)

 

不正アクセス(ハッキング)先が国内か海外かは現在調査中。

 

いつ盗まれたかなどのデータは全て残っている。

 

ビットコイン決済については明日以降も行える予定だが、詳しくは未定。

 

暗号通貨は盗まれてしまったら基本的に取り戻せない。

 

しかし送った先は追跡できるので、そこを突き止めて送金停止さえできれば保護にできる可能性はある。

 

コールドウォレットへの開発は着手していたが、技術的に間に合わなかった。

 

ネムについては580億円分というのはコインチェックのホットウォレットに保管されていたネム全て。

 

ビットコインの売買以外の再開見通しは一切たっていない。

 

今日の早朝に盗まれたお金は一回で全てではなく、ちょっとずつ盗まれた。

 

補償をどの様におこなっていくのか(ネムでする?円でする?)は現段階では検討中としか言えない。

 

金融庁の登録については、コインチェックとしては資格をフォローできていると考えているが、なぜ登録ができていないかは金融庁しかわからない。

 

刑事的な動きについては現状ではどうしていくべきか決まっていない。

 

コインチェックが他の取引所よりセキュリティーが低いという認識はない。
むしろ、しっかりセキュリティーをやっていたつもり。

 

マルチシグコントラクトを行っていなかったことについては、準備が間に合わなかったからが理由。

 

時間的、人為的なリソースの範囲内で全力は尽くしていた。

 

マルチシグコントラクトの実装はロードマップにはあったが、いつ行うかなどの具体的な計画はなかった。

 

金融庁の許認可については、9月末までに申請を行えばみなし事業者として事業を継続できるというのが法律なので、しっかり法律を守っている。

 

マルチシグコントラクトは一部のコインにはかかっている。

 

顧客のコインが無くなった場合の規定については、利用規約上の条項のみしかないのが現状。

 

「補償する資金力はあるのか?」という質問に対しては、「補償自体をどうするかから現在検討中」との返答。

 

コインチェックの正確な登録者数やネムの所有者数などの公表については、株主なども含めて現在検討中なので、現時点では発表できない。

 

コインチェックのCMについては現在既に一旦停止している。

「今後、事業そのものは継続できるのか?」に対して「基本的には継続をしていく方法を現在模索中(倒産は考えていない)」

 

「580億円を補填する体力はあるのか?」に対して、具体的なコインチェックの資産状況を公表するかは未定ですが、事業が継続できる様に対応を模索中。

 

セキュリティについては外注は一切しておらず、全て内部で開発をしている。人数は全社員80名のうち約40名が開発部門にいる。

 

「海外取引所のハッキングなどを受けて対策をとってなかったのか?」に対して「常にハッキングに対する危機感はあったし、できる限りの対策もとっていた。」

 

現時点では顧客保護を最優先に動いている。(顧客資産をどうするかを最優先に考えている。)

 

「なぜ和田CEOは黙り込んで全然発言をしないのか?」に対して「今回は大塚(取締役)が代表で対応をさせて頂いている。和田(CEO)は開発の代表で、広報的なことは大塚(取締役)が代表窓口」

 

「最終的に現金やネム以外のコインは帰ってくるのか?」に対して「帰ってくると確実な約束はできないが、できる限り対応をする」

 

ネム以外のコインの流出についても100%ないとは言えない状況で現在調査中。

 

今後の方針(優先順位)は「顧客の資産保護」「原因の調査」「今後の対応方針の決定」の流れで動いている。

 

顧客対応のコールセンターの人数は現時点で50名。今後は200名、300名規模に増員をして対応予定。

 

「株は和田氏と大塚氏で過半数を持っているのか?」に対して「持っている。」

 

マルウェアを検知するソフトは導入しているが、その様なものは見つかっていない。

 

マルチシグコントラクトについては、ビットコインはネム導入以前から搭載済み。また、ビットコインとイーサリアムはコールドウォレットに保管している。(ネムはホットウォレット)

 

コインチェックは期中の中で迅速に財務諸表を出せる様な公開会社ではないので、すぐに顧客数や財務状況など開示はできない。

以上

1/28日追記

コインチェックから

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。

との発表がありました。

http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html

2/15追記

2月13日、コインチェックから日本円の出金が開始されました。

まずは一歩前進ですね。