MOOVER(ムーバー)コントリビューション・フェーズ2開始からすでに390万ドル突破売り切れまであと7日?

友だち追加

こんにちは、シュンです。

 

仮想通貨全体がすっかり冷え切ってしまっていますが、春は必ずやってきますので狼狽売りせずにいきましょう。

 

価格は下がっても仮想通貨の価値も枚数も減っているわけではないことをお忘れなく!!

 

そんな冷え切った仮想通貨相場の中、MOOVER(ムーバー)コントリビューション・フェーズ2は開始されたわけですが、

 

かなりの勢いで売れております。

 

MOOVER(ムーバー)コントリビューション・フェーズ2参加はこちら

 

MOOVER(ムーバー)とは?

 

ホワイトペーパー

 

モバイルデータ通信シェアリングプロトコル

 

コンセプトは世界中の誰もが、より安く、より快適に本当に自由なインターネットを手にするためにです。

 

MOOVER(ムーバー)は契約する通信キャリアに関係なくすべてのモバイルユーザーと余ったモバイルデータ通信のシェアを可能にするものです。

 

目指しているのは、単にデータ通信量のシェアリングそのものが目的でなく、世界の課題であるデジタル・ディバイト問題(格差)の解決の一助となり、世界中の誰もが平等に、

 

本当に自由なインターネットを手にすることです。

 

既存のサービスでも通信量を分け合えるサービスはありますが、キャリアを超えて、さらには面識のない人同士のやりとりができるサービスはないのではないでしょうか。

 

モバイルデータ通信を使わない人は本当にまったく使いませんし、動画などを毎日のように見る方はすぐに高速通信の限度いっぱいまで使ってしまっていると思います。

 

私個人的にもこのプロジェクトには期待しています。

 

MOOVER(ムーバー)の上場も今年の秋に決定しているということで、半年程度で上場となりますので、数年待たされるなどということもないのも安心できますね。

 

MOOVER(ムーバー)が使用しているブロックチェーンはイーサリアム上でスマートコントラクトを構築して分散型アプリケーションとして実現していくことを想定して開発されています。

 

売り切れまであとどれくらいか?

 

 

 

現在ですでに390万ドルが購入されています。

 

フェーズ2の販売数量は1500万ドル分ですので、もうすぐ3分の1が売れてしまう勢いです。

 

おそらく販売終了するまで、7日もないのではないでしょうか。

 

MOOVER購入は>>こちら<<

 

MOOVERの購入にはビットコインが必要です。

 

ビットコインをお持ちでない方はビットフライヤーで日本円をビットコインを両替しましょう。