Aeternityエターニティ(EA)概要・取り扱い取引所・チャートから見る買い時

友だち追加

こんにちは、シュンです。

昨日ご紹介した仮想通貨Red Pulse レッド・パルス (RPX)も反転し始めたようなので注目ですね。

Red Pulse レッド・パルス (RPX) Binance(バイナンス)新規上場仮想通貨~概要・将来性~

本日は2月5にBinance(バイナンス)新規上場した仮想通貨Aeternityエターニティ(AE)について調べてみました。

Aeternityエターニティ(AE)とは

 

基本データ

公式サイトaeternity.com

Twitter  ‎@aetrnty

時価総額ランキング 39位

流通枚数 233,020,472 AE

最大発行数量 273,685,830 AE

ホワイトペーパー:aeternity

ICO Price: $0.05

取扱取引所 Gate.io、Coinbene、手数料が安く当サイトお勧め取引所はこちら↓

概要

Aeternityエターニティ(AE)は、公開されたオープンソースのブロックチェーンベースの分散コンピューティングとデジタルアセットプラットフォームであり、

分散型P2P技術に基づいて構築されています。

実世界のデータは、分散された「oracle」を介してスマートな契約と連携することができます。

スケーラビリティと信頼できないチューリング完了状態チャネルは、他のBlockchain 2.0プロジェクトとは別にAeternityを設定します。

Aeternityエターニティ(AE)は、ブロックチェーンを維持しているパブリックノードの分散型グローバルネットワークを使用してスクリプトを実行できる仮想マシンを提供します。

ステートチャネルにより、スマート契約は、取引相手方間で意見の相違がない限り、プライベートでスケーラブルなままになります。

「Aeon」または「AEトークン」と呼ばれる値トークンは、参加者間で転送することができ、実行された計算のために参加ノードを補うために使用されます。

AEトークンは、仮想マシン上のスペースと計算時間の支払いに使用され、ネットワーク上のスパムを防ぎ、要求によって提供されるインセンティブに比例してストレージと計算時間を割り当てます。

マイニング

スマートフォンでも新しいトークンを効率的にマイニングし、比類の無い分散化を達成できるとのことで、ビットコインのようにものすごい電力を使用しないのはいいですね。

チャートから見る買い時

ではチャートを見てみます。

こちらもBinance(バイナンス)に上場してから下落の一途をたどっていますね。

どこまで下げるかわかりませんが、反転を待ってから買っても遅くはないと思いますので、現在のところは静観といったところですね。

Aeternityエターニティ(AE)の購入は手数料の安さからいってもBinance(バイナンス)がおすすめです。

口座開設はこちらの公式サイトからどうぞ

BINANCE(バイナンス)の登録方法 取り扱い銘柄数が多く、手数料が激安仮想通貨取引所

 

本日もご覧いただきありがとうございました。