金(ゴールド)をトークンで購入可能なLODE(ロード)ICOスタートです。

友だち追加

こんにちは、シュンです。

紙幣の価値がどんどん失われていくと言われているなか、投資家が買い進めているのものそれが金(ゴールド)なのですが、

そんな金(ゴールド)の取引を安心安全にするというプロジェクトのICOが始まりましたのでご紹介します。

LODE(ロード)とは

BTCを中心に仮想通貨全体が下落している中、「右肩上がりに価値が上昇している安定資産は何か?」と、探しているあなたに朗報です。

LODE(ロード)に参加することで、お金持ちを中心に絶大な人気のある世界共通の安定資産の金(ゴールド)を、所有することが可能になります。

LODE(ロード)は金の投資でもなく、金の配当金を受け取れるICOではなく、

金現物取引をスマートに、安心に、安全に行えるためのネットワークを構築するプロジェクトです。

そのため、プロジェクトが実現することで、獲得したトークンによって、現物の金(ゴールド)を購入することができます。

ただし金(ゴールド)は普通に日本円で買えますので、わざわざトークンで買う理由がないですよね。

ちょっと話がずれますが、金(ゴールド)はお店で買うときは少額を積み立てのように買うのがおすすめです。

あとは偽物をつかまされないように信頼のあるお店で購入することも重要ですね。

ただ中国が世界最大の金保有国から購入した、1本400オンスの金塊6,000本を分析したところ全てが偽物であった。

金本位制の頃からあったとされてきたフォートノックスに保管されている2,000億ドル相当の金塊は全てが偽物だと言われている事件

など、とにかく不正が絶えないのが実情です。

ただ、どちらの事件もあくまで業界内での疑惑であり、実際に監査が入っているにも関わらずその結果が公表されることはありませんでした。

つまり、大きな不正や疑惑が浮上しても、問題は明らかにされず、業界内の協会や国家レベルで疑惑の火消しが行われ、

業界全体がブラックボックス化していっているのです。

LODEのトークンで購入できる金は、これまで流通している金ではなく、「価値が裏付けされた金」を購入することができます。

LODEで実現するのは、

・金を採掘して製錬する段階で金を取引できるので、輸送コストなどの中間手数料を省くことができ、金をより手軽に購入できる

・「査定機」により金の査定に統一規格を設け、流通している金を正確に査定することで、流通する金の質を担保する

・取引をブロックチェーンのスマートコントラクトによって、(地金番号、保管場所、生産場所、保管費用、購入日、等)を、記録することで、情報改ざんと不正を防ぐ

だから、LODEネットワーク上の金は、「質」と「量」がしっかりと管理され、文字通り質のいい金を安心して購入することができるので、価値が生まれるのです。

すこし、考えてみて下さい。

本物か?偽物なのか?不安な金質が担保されて安心して購入できる金同じ大金を投資して金を購入するのであれば、

どちらを購入するのか?

答えは簡単ですよね。

つまり、LODEネットワークが実現することで、

投資家がLODEの金を購入するために、トークンを求めてトークンの需要が高まるので、トークンの価値が向上する。

という、トークン設計がされています。

LODEの実現によって、世界中の投資家の莫大な資金が金投資へ流れ込めば、トークンの価値は・・・

ここから先は、簡単に想像できますよね。

基本情報

販売価格 1 LDG = $1

配布日 購入後72時間以内

ハードキャップ 60,000,000 LDG

ソフトキャップ 10,000,000 LDG

総発行数   100,000,000 LDG

トークンセールは発行総数の88%であり、残り12%は分配される。なお、各フェーズに設定された販売上限に満たない場合、発生する余剰トークンは全てバーンする。

また、プロテクションセールでソフトキャップに満たなかった場合、プロジェクトは中止され全額返金されます。

現在はまだソフトキャップには到達してないですね。

ボーナス、最低購入額は?

3/15~3/28のパブリックセールStage1の時は最低購入金額は1000LDG(1000$)40%のボーナスが付与

5/15~6/14のパブリックセールステージ2の時は最低購入金額は10LDG(10$)20%のボーナスが付与

上場はいつ?

上場はすでに決まっていて、2018年の10月です。

どこの取引所に上場するかはまだ未発表、分かり次第追記します。

期待できると思われた方は購入してみてはいかがでしょうか。

本日もご覧いただきましてありがとうございました。