BTCFXめざせ脱初心者 スキャルピングをするなら最低知ってほしいこと 

友だち追加

こんにちは、シュンです。

今回はBTCFXをするうえで最低知っていてほしいことを

月収300万のアニオタ@700ニキさん@aniota_umarunさんがツイキャスにて解説していただいたことを

まとめていきたいと思います。

https://twitcasting.tv/aniota_umarun/movie/453228073

BTCFXでスキャルピングをするなら知っておいてほしいこと

 

これだけは覚えてほしいロウソク足の形

1個目に長い陰線がでる。

2個目に長い上髭をつけた陰線が出たときは下がる。

これは鉄板パターンとのことなのでしっかりと覚えておきましょう。

 

包み足

陽線を包みこむような大きい陰線は強い

これらのパターンは陽線の場合でも同じです。

チャートを見ていてこの形を発見したら注目してみましょう。

 

ローソク足のひげは大事

この画像の場合赤丸のひげが出た時点で反転すると確認できるので売り

ただしその後のローソク足で下ひげもででいるので下値もかたいことが分かります。

チャート設定

チャートの時間足は4時間、15分、3分、1分を使用する。

ビットフライヤーでFXをするならチャート表示は

初心者には見やすいcryptowatchがおすすめです。

ラインやフィボナッチリトレースメントなども引きやすいです。

使用するテクニカル指標は

一目均衡表、出来高、ローソク足、サポートライン、レジスタンスライン

ではまずは相場の状況把握からしていきます。

相場の状況把握

まずは日足にして全体の流れを見てみます.

ラインは右の赤丸のところをクリックして引きたいところにもう一度クリックで引くことができます。

最安値にラインを引いてみました。

 

次に15分足の最安値にラインを引きます。

 

次に右側の赤丸をクリックして今度はトレンドラインを引いていきます。

15分足では上昇しているのが分かります。

次に3分足です。

エントリータイミングはニキさんは3分足がメイン

3分足では下降トレンドですので、高値のトレンドラインを引きます。

さてここからどちらにエントリーしていくかですが、

ニキさん曰く買われすぎてるから売り、

売られすぎてるから買いという逆張り思考は間違い。

流行りと一緒で上昇トレンドの時は買い、

下降トレンドの時は売りでトレードしていったほうがいいとのことです。

この考えを忘れないようにしていきましょう。

エリオット波動

上昇トレンドで買いで入るタイミングはエリオット波動第3波でイナゴエントリーがおすすめ。

下図を例に出すと第1波の高値を超えた赤丸の場所でエントリーになります。

イグジット(利益確定)は第5波で行います。

下げトレンドの判断方法

安値の2点をラインを引きます。

その後先ほど引いたラインを一気に長い陰線が雲も貫いて下げました。

 

 

その後一段レンジが下に移動して、またグッと下げてまた一段とレンジを下げていきました。

以上が基本的な知識になりますのでこれを覚えてトレードの練習をしていきましょう。

詳しくは動画を何度も見てもらえればいいと思います。

本日もご覧いただきありがとうございました。

BTCFXなら国内ならビットフライヤーが人気です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

海外でなら追証なし100倍レバレッジでトレードできるBITMEXもおすすめです。