リップル(XRP) 米最大級の仮想通貨交換業者2社との取引未だ実現されぬ

友だち追加

こんにちは、シュンです。

仮想通貨時価総額第3位の「XRP」を発行するリップルが問題を抱えているようです。

複数の銀行がリップルのネットワークと契約し、出資も行いました。

しかしながら、米最大級の仮想通貨交換業者2社を通じた取引はまだ実現していません。

この事実は注目を集めています。

決して、リップルが努力していないわけではありません。

関係者が明らかにしています。

サンフランシスコに本社を置くリップルは昨年、仮想通貨交換業者のジェミニとコインベースに金銭的なインセンティブ

を提案しました。

その提案とは、リップルの将来的な成功の一端がジェミニとコインベースでのXRP取引にかかっていることを暗示しています。

しかし、米当局は証券と見なし得る仮想通貨を取引所免許のない交換業者に扱わないよう警告するなど、リップルは大きな逆風に直面しています。

リップルの幹部1人は昨年、現金100万ドル(約1兆750億円)の支払いでジェミニにXRPの7~9月期取り扱い開始を説得できるか打診しました。

このほかにも、関連コストのカバーなど、さまざまな戦略を探ったといいます。

昨年秋のコインベースとの予備協議では、同社での取引開始を求めリップルは1億ドル余りに相当するXRPをコインベースに貸し出すと提案。

返済はXRPでもドルでも可能だと持ち掛けたという。

予備協議を知る関係者が語った。提案は書面を通じたものではないとしている。

ジェミニとコインベースはいずれも提案を受け入れなかったと関係者は話した。

リップルの広報担当者、エマリー・クレマー氏は、交換業者への提案をめぐる情報の一部は不正確だとしながらも、詳細は明らかにしませんでした。

「われわれはXRPをより速くて安い世界的な支払いを可能とする最も流動性の高いデジタル資産としたいと考えている」と説明しました。

ジェミニ、コインベースはコメントを拒否しました。

交換業者を通じた仮想通貨取引実現のために支払いをするというのは必ずしも異例なことではないそうです。

オートノマス・リサーチはリポートで、「妥当と見なされる仮想通貨」であればコストは100万ドルからなどと指摘したが、このような数字は市場参加者同士の会話に基づくもので正確ではないとしています。

リップルは現在、企業との協業など好材料が目白押しですが、価格には反映されていません。

海外ではすでに1XRP=1$が近い(107円)と言われています。

昨年の傾向を見ても上がるときは一気に。

動かないときはどんなニュースにも反応せず動かない。

こう捉えると、100円以下で買える現在、(4月21日現在、1XRP=98円前後。)ゴールデンウィークを控えそろそろ仕込み時ではないでしょうか?

XRP購入は国内ならビットトレードがおすすめです。

追証なしレバレッジ20倍で勝負したい方はBITMEXがおすすめです。

本日もご覧いただきましてありがとうございます。